風邪に負けない!この3つの食材で免疫力アップ

menekiryoku-up-01
うがい、手洗い…冬場に流行する風邪にかからないよう、毎日の対策が必要ですよね。
しかしウイルスは体が弱った時に忍び寄ってきます。
免疫力を高める食べ物でパワーアップして、風邪に負けない体を作りましょう。

【免疫力を高める条件】
①腸を元気に
腸の善玉菌を増やすことが必要です。
食物繊維を積極的に取ることで便秘が解消され、免疫力が高まります。
menekiryoku-up-02
②体を冷やさない
体の冷えは自律神経を乱し、免疫力が低下します。

③ストレスを溜めない
ストレスを受けると交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、その結果免疫力が低下してしまいます。

【この食材でパワーアップ】
免疫力を高めるには、「抗酸化食品」を積極的にとりましょう。
「抗酸化食品」とは体がさびないよう助けてくれる食べ物。
全身の細胞から発生する活性酸素は、身体を酸化させてしまいます。
しかし、この抗酸化食品が活性酵素の発生を抑え、体が酸化するのを防いでくれます。
ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群、β-カロテン、ポリフェノールなどを含む野菜や果物などです。

①にんにく
抗酸化食品の王様といえばにんにく。
ニンニクのほかにも、ショウガ、ネギ、セロリなどのいわゆる香味野菜も、抗酸化作用が高いことで知られています。
独特の臭い成分であるアリシンが体内の活性酸素と強力に結びつき、身体の酸化を防いでくれます。
menekiryoku-up-03
②バナナ
甘くて優しい味のバナナですが、効果は強力。
白血球の働きを高めて免疫力を高めます。
アミノ酸やビタミン、食物繊維もたっぷりと含まれ、高い栄養価を誇ります。
消化吸収抜群で、便秘も防ぐので腸内環境が整います。
menekiryoku-up-04
③かぼちゃ
緑黄色野菜のはっきりとした色は、抗酸化作用が高いしるし。
豊富なβ-カロテンが、粘膜などの細胞を強化して免疫力を高めます。

【まとめ】
免疫力を高めるには、体のさびを防ぐ「抗酸化食品」が効果的です。
その代表は、にんにく。少しでよいので取り入れてみてはいかがでしょう。
食べ物の栄養分をしっかり体に吸収して、風邪に負けない元気な体を作りましょう。

家族がノロウイルスに…こんな時どうする?

Noro-virus-001

秋から冬にかけては空気が乾燥し、ウイルスにとって絶好の活動時期に。
特に注意したいのは、これから急増する「ノロウイルス」です。
気づかないうちに家族みんなが感染してしまうことも。
ご家庭での正しい対処法をチェックしておきましょう。

【ここが危ないノロウイルス】
特徴は、ヒトからヒトへの感染力が強いことです。
保育園や学校など施設内で拡がっていくこともよくあり、集団感染で爆発的に流行することがあります。
ご家庭でも誰かがかかってしまったら、うつさないことがポイントです。

Noro-virus-002

【ノロウイルスの症状】
主な症状としては、吐いたり下痢をしたりします。
おう吐・下痢はひどい時には1日に10回以上になることも。
ウイルスに感染してから症状が出るまでには平均1~2日です。
特効薬がなく、抗生物質もきかないので、体が脱水症状にならないよう水分を多くとることが大事です。

【こうやって感染を防ぎましょう】
Noro-virus-003

ポイントは口からウイルスが入るのを防ぐこと。
まずできることは、石けんをつかってよく手を洗うことです。
帰宅時だけでなく、食事を準備する前、食べる前にもしっかり洗いましょう。
貝類にもウイルスがある可能性があるので、しっかり加熱し、使用した調理器具は熱湯消毒しましょう。

【家族に症状が…100円でできる!感染予防】
ウイルスを多く含むのは感染者の便や嘔吐物です。
万が一家族が感染してしまったら、これらの扱いに気を付けることで、さらなる感染を防ぐことができます。

Noro-virus-004

便や嘔吐物の処理に使ったものは、消毒するか捨てなければいけません。
それならばお手軽に100円ショップで用意してしまいましょう。
~処理前にこれを装備~
・使い捨てマスク・使い捨てエプロン・使い捨て手袋
~これを使おう~
ビニール袋・バケツ・ちりとり・ガラスクリーナー・じょうろ・塩素系漂白剤・計量カップ
ガラスクリーナーやちりとりを使うと、嘔吐物を簡単にかき集めることができます。
なお、1メートルの高さから嘔吐した場合、嘔吐物は半径2メートル程度飛び散るといわれています。
じょうろや塩素系漂白剤、軽量カップは消毒に使います。
家庭用漂白剤を200倍程度に薄め、嘔吐物や便のあった場所を中心に広めに消毒してください。
乾燥すると、ウイルスが空中に飛びやすくなるので早く片付けることが大切です。

【まとめ】
ノロウイルスはヒトからヒトへの感染力が強く、感染者の嘔吐物や便に多くのウイルスが含まれます。
家庭内感染を防ぐために100均グッズなどもうまく活用して、ウイルスを広げないようにしましょう。

紫外線は夏だけじゃない!秋にも守りたい“目”

ultraviolet001
運動会や行楽など、外で過ごすことも多いこの時期。
今だからこそ気を付けたいのが紫外線です。
涼しくなったと油断していたら落とし穴が…特に守りたいのが、目です。

【秋の紫外線に注意】
秋の紫外線になぜ注意しなくてはいけないの?
それは、太陽の高さにポイントがあります。
太陽が一番高くなるのは夏で、約78度の高さ。
これは「体全体」が紫外線の影響を受けやすくなる高さです。
一方、秋は太陽の位置が傾いてきて、角度は約55度に。
これは紫外線の影響を「目」が受けやすい位置になるのです。
さらに目からの紫外線は、お肌にも悪影響です。
角膜に影響を受けてしまい、脳下垂体に情報が伝達されて、その防衛反応としてメラニン色素を生成してしまいます。つまり、肌老化が進んでしまうのです。
(詳しくは8月6日掲載の「意外に怖い目の日焼け 紫外線角膜炎とは」もご覧ください)

【最も危険なのは何時?】
一般的に、正午を中心に日が強くなると考えますよね。
しかし、目への紫外線の影響は少し違うようです。
大学などの研究で、強さがピークになるのは太陽の高さが「40度前後」であると報告されました。
つまり、日中よりも朝や夕方のほうが約2倍多くの紫外線をあびる危険性があるのです。
これは通勤、通学の時間帯や帰宅の時間帯に当たります。

ultraviolet002

【出かける時にはこれで対策】
やはり外に出るときは、サングラスや、つばの大きい帽子をかぶることが大切です。
サングラスを選ぶ際には、UV加工をしてあるかどうかしっかりチェックを。
また、紫外線から目の影響を守る食材も取り入れましょう。

ultraviolet001

緑黄色野菜、レモン、トマト、スイカ、鮭などには目を守る成分が沢山含まれています。
体内からも目を守りましょう。

【まとめ】
秋の太陽は、目が紫外線を受けやすくなる高さになってしまいます。
お出かけの際は、サングラスなどでしっかり紫外線対策しましょう。

薬局健康茶販促ツール:お茶を使った風邪・インフルエンザ予防対策

すっかり秋らしい気候になりましたね。
そろそろインフルエンザの予防接種をうけられる方も増える頃かと思います。
風邪やインフルエンザの予防方法として手洗い、うがいが一般的かと思います。
今回は20年間風邪をひいた事のない小児科医の予防方法として
お茶を使った『嚥下』という予防策のPOPをご用意しました。
温かい健康茶と共にこちらもあわせてお茶コーナーに置いて頂くと
オススメです!是非ご活用下さい
※クリックすると拡大します
pop-influenza-prevention

掲載情報:あんずだより第34号

あんずだより201510-1 あんずだより201510-2

東杏印刷株式会社さまがお客様へ発行するあんずだよりに
実力薬局100選受賞薬局さまのご紹介記事が掲載されています。

あんずだよりPDFはこちら

実力薬局100選のご紹介記事は
漢方・相談薬局部門を受賞された「漢方の葵堂」さまです。
100選の詳細はこちらのウェブサイトでご覧いただけます。

実力薬局100選~漢方・相談薬局部門~

実力薬局100選~不妊・子宝部門~

是非、ご覧ください!

食欲の秋!旬の味覚は体にいいんです

shokuyokunoaki001
やってきました食欲の秋。
スーパーや八百屋さんには色とりどりの旬の味覚が並んでいます。
旬の味覚は、安い、おいしい、そして季節を感じて思わず笑顔になります。
でも、それだけではありません。
食材は、旬を迎えている時期に1年で最も栄養価が上がるので、体にいいんです。

【サツマイモ】
食べやすさが魅力のサツマイモ。
焼いてよし、スイーツにしてよし。あま~い香りに誘われてついつい手が伸びますよね。
ビタミンCが豊富で、熱に強いので、じっくり焼いても栄養を摂ることができます。
また、ビタミンEや食物繊維もたっぷりです。
消化器系の働きを高めてくれるので、胃腸にもやさしい食べ物です。
ショウガやレモンと食べることで、さらに効果がアップします。

【栗】
こちらも女性が大好きな旬の味覚です。
デンプン、ビタミンB1、ビタミンCを多く含みます。
また渋皮にはタンニンが含まれるため、ガン予防になるとも言われ、渋皮煮で食べるのがオススメです。
食物繊維がサツマイモよりも豊富で、腸内環境を整えるのにも効果的です。

【柿】
ビタミンCが多く、大きめのモノを1個食べると1日に必要な量がとれます。
また、動脈硬化や高血圧の防止にも効く栄養が含まれています。
さらにお酒が好きな方には朗報。アルコールを摂る前に食べておくと酔い覚ましの効果があるということです。
一方で体を冷やす作用もあるので、食べ過ぎには注意です。

shokuyokunoaki002

【ギンナン】
コレステロールを減らしたり、血圧を調整したりする効果があります。
昔から滋養強壮の効果があると言われ、咳止めなどの漢方薬の原料にもなっています。
しかし、食べ過ぎは禁物。特に子どもは少量にしましょう。生でも食べられません。

【サンマ】
脂ののったサンマは、まさに秋の味覚。栄養もたっぷりです。
代表的な栄養素はDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)です。
これらは、魚の脂にしか含まれていない脂肪酸です。
血中コレステロール値を下げて、高脂血症や動脈硬化の予防に効果があります。
タンパク質も豊富で、牛肉やチーズより質が優れていると言われます。

shokuyokunoaki003

【まとめ】
旬というのは、年間で食べ物の栄養価が最も高い時期です。
秋だからこそいただける食材で、心も体も満たされましょう。

御礼!! 日本女性薬剤師会 第13回移動セミナーin京都 REDAS健康茶ブース

jyoyaku_kyoto

昨日(H27年9月27日)キャンパスプラザ京都で開催された
「日本女性薬剤師会 第13回移動セミナーin京都」では、
弊社が出展したすこやか万能茶、ほっそり美人茶のブースに
大勢の方がお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。

この場を借りて、改めて御礼申し上げます。

ランチョンセミナーの際にも皆さまに『ほっそり美人茶』をお配りさせて頂きました。
「飲みやすくておいしかった」「ほっとリラックスできた」など
たくさんの声頂きとても嬉しく思います。

関西圏では、はじめての出展という事もあり普段はお目にかかれない
全国の薬剤師のみなさまにお会いする事が出来てとてもうれしく思っております。
ありがとうございました。

今回は今注目の新しいサプリメントのご紹介もさせていただき
多くの参加者の方がご興味をもって下さいました。
詳細はまたお知らせさせていただきますね!

今回のような勉強会でのブース出展や
ランチョンセミナーでお茶をご用意させていただくなども行っております。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ先
ファーマシーズ健康茶係 
担当:中矢
03-5368-3022
http://www.iyakuma.com/chouzai-yakkyoku-kenkocha

更年期障害で急増!ホットフラッシュって?

ホットフラッシュ001
室温が高くもないのに、自分だけ急に汗がにじみ出たり、ほてりがおさまらなかったり…
それは「ホットフラッシュ」かもしれません。
気になるけれど、どう治せばいいの?と悩める女性は、あなただけではありません。

更年期障害かも…気になる症状をチェック

「ホットフラッシュ」は更年期障害の1つです。
そもそも更年期は閉経の前後5年ほどの時期を呼び、早い女性の場合、40代前半から更年期障害を自覚する場合もあります。
個人差があり、症状を全く感じない人もいればつらい思いをする人も。
あなたは以下の項目に当てはまりませんか?
セルフチェックしてみましょう。

①イライラしやすい
②わけも無く不安な気持ちになる
③寝付きが悪い・すぐ目が覚める
④顔がほてる
⑤汗をかく
⑥動悸や息切れがある
⑦めまいや頭痛、吐き気がある
⑧疲れやすく、やる気が出ない
⑨肩こりや腰痛、手足の痛みがある

ホットフラッシュ002
思い当たるものが3つ以上あれば、更年期障害かもしれません。

みんな悩んでいる「ホットフラッシュ」って?

特に、上記のチェック項目で④⑤に当てはまる方が少なくありません。
更年期障害で特に多い「ホットフラッシュ」です。

ホットフラッシュでは「のぼせ」や「ほてり」それに「発汗」の症状がみられます。
顔から発汗し、徐々に体全体が汗をかいてきます。
原因は、血管系の自律神経の乱れ。
このため体が一気に熱くなり、体温調整が難しくなるのです。
やっかいなのは、周りの目を気にして抑えたいと焦れば焦るほど、症状がでてしまうこと。
自律神経がさらに乱れてしまうからです。
無理に汗を止めようとせず、まずは落ち着くことが大切です。
そして、薬局や婦人科などに相談するのも効果的です。

更年期障害に負けないで

更年期障害に負けない体づくり=自律神経のバランスを保つ
ことです。セルフケアのポイントをまとめました。

①体を温める

ホットフラッシュで汗をかきやすくても、体は冷やさないこと。
温めることで、血液の循環がよくなり、自律神経のバランスが整っていきます。
ウォーキングで血液のめぐりを良くしましょう。
また、眠る前にゆっくり入浴し、体を温かくして布団に入りましょう。

②大豆を取り入れる

更年期障害の原因は、エストロゲンの分泌が激減することでホルモンバランスが崩れてしまうことです。
この、エストロゲンに代わる効果があるといわれるのが「大豆イソフラボン」です。
ぜひ、食卓に豆腐や納豆、豆乳などを加えて補いましょう。

ホットフラッシュ003

まとめ

40代以降の女性なら誰でも起こりうる更年期障害。
とくに、急なほてりや発汗が起きる「ホットフラッシュ」が急増しています。
女性としてさらに輝く時期。更年期障害に負けない体づくりをしましょう。
ホットフラッシュ004

これでスッキリ!頑固な便秘に効く食べ物

便秘に効く食べ物001
食欲の秋。店頭には旬の果物や野菜が並び、おいしいものをたくさん食べたい季節ですね。
しかし、日々気になるのは、食べたものが体から、なかなか出ていかないこと。
そう…「便秘」です。
頑固な厄介者の退治は、食べ物を味方につけましょう!

あなたのおなかは便秘?

毎日スッキリとした排便があるのが理想的ですが、学会では
「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」が
便秘とされています。
便秘は肥満や肌荒れになるほか、大腸がんにつながる場合もあり軽視できません。
便秘に効く食べ物002

腸内環境を整えるにはコレ!

腸内環境を整えるには、食物繊維がよいと言われます。
ところが実は、便秘の種類によって効果的な食物繊維も異なるんです。
あなたのおなかは、どちらですか?

A.ころころした黒い便・おなかが張る・肌荒れが気になる
→腸が動かない弛緩性(ちかんせい)便秘

B.便秘と下痢を繰り返す・ころころした便・残便感がある
→腸の運動が過剰な痙攣性(けいれんせい)便秘

Aの便秘は日本人に多い症状です。「不溶性食物繊維」を多めに摂取して腸の動きをよくすることで便秘の解消が期待できます。
例えば…大豆・ごぼう・小麦ふすま等

Bの場合は「水溶性食物繊維」を多く摂って、便をやわらかくすると効果的です。
例えば…果物・イモ・海藻類等

そこで、この2つの食物繊維を持つバランスの良い食材は…

①納豆

大豆には不溶性食物繊維が多く含まれています。さらに納豆となると水溶性食物繊維も。
A、Bいずれの症状の人にも効果が期待できます。
加えて、腸内の善玉菌の大好物である大豆オリゴ糖や、ナットウキナーゼも効果的です。
便秘に効く食べ物003

プルーン

2種類の食物繊維をバランスよく含んでいます。
便秘解消に役立つといわれる成分「ソルビトール」が含まれています。これは、甘味料の一種で、便秘薬にも使われています。

バナナ

こちらも2種類の食物繊維をバランスよく含んでいます。さらにオリゴ糖など腸内環境を整える栄養素も。オリゴ糖は乳酸菌と一緒だとさらに効果があります。ぜひヨーグルトと一緒に食べてみてください。

便秘の特徴によって、効果的な食物繊維もそれぞれ。
あなたの体に合ったオンリーワンを見つけてください。

まとめ

便秘の症状や腸内の状態によって、効果的な食物繊維は異なります。
納豆やプルーンなどは、2種類の食物繊維が含まれるすぐれもの。
腸内環境を整えて、スッキリ気持ちのいい毎日を送りましょう!
便秘に効く食べ物004

食欲の秋でも太らない!基礎代謝をあげるカンタンな3つの方法

食欲の秋対策01
秋といえば、皆さんは何を浮かべますか?
スポーツの秋、芸術の秋、そして何より…食欲の秋!ですよね。
旬の味覚に舌鼓を打ち、気づけばついついおなかいっぱいに。
脂肪を溜め込まないよう、エネルギーを燃やす基礎代謝UPの方法を覚えておきましょう。

なぜ秋は食欲が増すの?

なぜ、秋は食欲旺盛になるのでしょう。
暑さが和らぎ、暑さによる不快がなく食事ができること。
そして、栗やイモ、サンマなど秋に旬を迎える食品が多いことなどは思い浮かぶところですが、体のメカニズムからも、食欲の増す理由が考えられています。

まずは、日照時間の減少。秋は、夏ほど太陽の光を受けなくなります。
脳内にある神経物質「セロトニン」は、日光が少ないと減少することが分かっています。
セロトニンを増やすのに必要なのは糖質や乳製品、肉類の摂取や睡眠です。
このため体がセロトニンを増やそうとたくさん食べたり眠ったり作用すると考えられています。
もう1つは、気温の低下による基礎代謝の変化です。
気温が下がると基礎代謝が上がるため、それを補おうと食欲が増すとも言われています。

基礎代謝を上げるカンタンな方法

こんな季節だからこそ、食べた分のエネルギーを燃やしていきましょう!
基礎代謝を上げると脂肪がつきにくくなります。

【其の一】背筋を伸ばしましょう
食欲の秋対策02
運動を継続するのは、なかなか続かないもの。
でも、姿勢に気を付けることなら家事の途中でも、電車でも、オフィスでも可能です。
気づけば猫背や、おなかを出すような姿勢になっている人はいませんか。
頭の上からひもで引っ張られているような意識で、下腹部とお尻をしめて立ちましょう。
小さな積み重ねが、普段使っていなかった筋肉の活用で基礎代謝UPにつながっていきます。

【其の二】朝ごはんを食べましょう
食欲の秋対策03
ダイエットしたいのに、食べていいの?
朝ごはんは体温を上げてくれるので、基礎代謝が上がると言われています。
カボチャやニンジン、ショウガなど体を温める食材を取り入れてみてください。

【其の三】半身浴をしましょう
体温を上げるもう一つの方法はお風呂。37℃~40℃までのぬるめのお湯に20分以上、ゆっくりつかりましょう。
湯量は心臓の下あたりまでで、腕は出しておきましょう。
入浴中も水分補給は忘れずに。入浴前にコーヒーを飲むとよいという人もいるようです。

食欲の秋。健康にも気を配りながら、海の幸や山の恵みをおいしくいただきましょう!