夏が過ぎると体に異変?秋のアレルギー症状にご注意!

アキアレルギー
やっと暑さがおさまってきたのに、なんだか鼻水やくしゃみ、咳まで…
こんな症状に悩まされている方はいらっしゃいませんか。
その症状、実は風邪ではなくアレルギー症状かもしれません。
実は、秋にはアレルゲンがいっぱい。春だけではないんです。

風邪…?実はアレルギー症状かも

秋はイネ科の植物や、キク科のブタクサ・ヨモギ、アサ科のカナムグラの花粉が飛散する時期です。
鼻のムズムズや目のかゆみなどは、風邪ではなくこれらが原因かもしれません。
症状が長引く場合は放置せず、医療機関の受診や投薬などで対応しましょう。
また、アレルゲンに接触しないよう注意が必要です。
ブタクサは道端や河川敷など全国的に広く分布しているので、特に気を付けましょう。
アキアレルギー04

花粉だけじゃない!家には○○も溜まっています

アキアレルギー02
さらに秋は、あるアレルゲンが家の中に溜まってしまう場合があります。
それは「ダニの死骸」。
6月~8月にかけて夏に発生のピークを迎えるチリダニは3カ月ほどで寿命を迎えます。
チリダニが死骸となってホコリと一緒に家の隅に溜まり、空中に浮遊するのです。
台風などによる気圧の変化や、朝夕と昼との寒暖差などで体は弱りがちです。
そこにダニの死骸が入ると、体調を崩してしまうこともあるのです。

さらにもう一つ。梅雨の時期から発生し始めた「カビ」による症状も、秋に出やすいのです。
秋は、カビが原因の過敏性肺炎の発症が増加する傾向にあります。

これらの見えない敵にしっかり対処することが必要です。

秋のアレルギー症状を防ぐには

アキアレルギー03
①花粉やダニの死骸がつく「布団やカーペット」
頭から落ちるフケはダニの大好物。
枕カバーをこまめに変えるほか、ベッド周辺でも特に頭の周りは念入りに掃除しましょう。
また、カーペットも縦横、両方向から掃除をかけましょう。
かける際は、引くときは押す時の倍の時間をかけると効果的です。
掃除機だけでなく、拭き掃除もしっかりと。
さらに秋晴れの日は、ダニの温床になりかねないぬいぐるみも洗濯してあげましょう。

②浴室は天井にも注意
カビは空中を漂う胞子が着地して発生することが多く、あかや皮脂、ホコリなどを栄養とします。
湿度が80%を超えると発生が増えるのでお風呂などは特に清潔に保っておきましょう。
特に、ふき取るのが難しい浴室の天井などは要チェックです。

③体を冷やさない
アレルゲンに負けないよう、自律神経の乱れを防ぐには体を冷やさないことが大切です。
日中はまだまだ暑い日が続きます。
涼しくなった朝夕や冷房の効いた部屋ではカーディガンを羽織るなど、
気温の変化に応じて体をいたわりましょう。

まとめ

秋は「アレルギーの季節」。ブタクサなどの花粉飛散がピークを迎えます。
さらに気圧の変化やダニの死骸の増加なども重なり、体調を崩しやすい時期です。
こまめな掃除や体調管理で、これからの季節を元気に過ごしましょう。