死者1万人!?冬のヒートショックにご注意

heat-shock3
冬の家の中に潜む危険「ヒートショック」をご存知ですか?
あまり知られていない現象ですが、年間1万人もの方が死亡しているといわれています。
特に、お年寄りは要注意です。

【ヒートショックとは?】
冬のお風呂は、指先から体の芯まで温まって気持ちがいいものですよね。
しかし、脱衣所で寒い寒いと凍えながら服を脱ぎ、急いでお風呂に入っていませんか。
そんな毎日の行動の中に、危険が潜んでいます。
激しい温度差で血圧が急激に変化し、心筋梗塞や脳出血、脳梗塞などを起こしてしまうのがヒートショックです。
heat-shock1
突然死を引き起こす原因ともなるので注意が必要です。
特に12月や1月は死者数も急増しています。
ヒートショックを起こしやすいのは浴室ですが、居間に比べて寒くなりやすいトイレや洗面所にも気を付けましょう。

【こんな方は要注意】
一番注意が必要なのは65歳以上のお年寄りです。
血管が弱っているからです。
家で亡くなるお年寄りの4人に1人は「ヒートショック」が原因と言われています。
また、高血圧や糖尿病、動脈硬化の方も気を付けましょう。
肥満気味の方も要注意です。皮下脂肪が多いと体温調節が苦手なためです。
熱いお風呂が好きだったり、湯船にお湯をたっぷり張って首までつかったりという入浴も危険性を高めます。
自宅が古い木造建ての場合も、断熱性が弱く、場所ごとの温度差が生じやすくなります。

heat-shock2
【ヒートショックを防ぐには】
<お風呂編>
①脱衣所に暖房器具を置く
②食後1時間以内に入浴しない
③入浴前の飲酒はしない
④入浴前後に十分な水分を飲みましょう
⑤浴室も事前に温かく。湯船の蓋を開けておいたり高い場所からシャワーを流したりして、蒸気で温めます
⑥すぐにつからず、まずかけ湯
⑦全身浴よりも半身浴を。できれば熱いお湯よりぬるめのお湯にしましょう

heat-shock4
<トイレ編>
トイレでいきんだ時や立ち上がった時に、血圧や心拍の急激に変化し、脳卒中や心筋梗塞を引き起こしてしまうこともあります。
①便座を温かくする(カバーなどでも)
②便秘にならないよう体調を整える
③トイレに暖房器具を置く

【まとめ】
急激な温度差で心筋梗塞や脳出血を起こしてしまう「ヒートショック」
特にお年寄りが入浴するときは、入る前に脱衣所を温かくしましょう。
入浴中も声をかけコミュニケーションをとると、安心ですし、心も体も温まりますね。

感染したかも…インフルエンザウイルスに負けない方法

flu1
ことしもインフルエンザの話題が聞こえてくる季節になりました。
もう予防接種を受けたよ!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ご存知のとおり、インフルエンザはウイルスが原因です。
まずはウイルスを自分の体に取り込まないこと、そしてウイルスによる発症を防ぐ対策が必要です。

【まずは予防を】
インフルエンザは普通の風邪よりも急激に発症し、症状が重いのが特徴です。
ウイルスは体内に入ってから1~3日ほど潜伏し、その後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。

flu2

ウイルスが体内に入るのは「飛沫感染」です。
感染者のせきやくしゃみなどでウイルスが飛び散り、他の人に付着します。
それを吸い込んでしまったり、ウイルスの付いた手で鼻や口を触ってしまったりして、体に取り込んでしまいます。
ウイルスの侵入を防ぐにはやっぱり
①しっかり手洗い
これが一番です。ウイルスは石鹸に弱いため、必ず石鹸を使いましょう。
②ウイルスに負けない体づくり。栄養と睡眠をしっかりとりましょう。
③部屋の湿度は50~60%に
④予防接種を受ける
この4つを守りましょう。

【かかったかな、と思ったら】
インフルエンザウイルスは感染力が強いのが特徴です。
1人の感染者からおよそ3人の新たな感染者が生まれる強さです。
しかも、高熱など症状が出る1日前、つまり潜伏期間から他人への感染が生じます。
家族や身近な人にウイルスをうつさないことが大切です。
最も有効なのは「抗インフルエンザウイルス薬」を飲むことです。
早く飲めばのむほど、服用していない場合と比べて発熱期間が1~2日短くなります。
この4つの対応を早くとりましょう。
①医療機関を受診する
②マスクをする
③近づかない(ウイルスはくしゃみや咳で2メートル飛ぶとされます)
④使ったティッシュはすぐに捨てる

flu3

【まとめ】
とにかくインフルエンザウイルスの怖さは感染力の強さです。
石鹸を使った手洗いを徹底して体の中にウイルスを侵入させないこと。
発症が疑われる場合は早く医療機関を受診し、早くやっつけてしまいましょう。
それが、自分の体を守り、周りの人をウイルスから守ることにつながります。

鍋で痩せる!はウソ?!鍋ダイエットの落とし穴

nabe-diet-01
寒くなると恋しくなるのがお鍋です。
たっぷりの野菜が摂れる上、肉や魚介類も煮込んで栄養バランスは抜群。
何より、低カロリーなのが魅力です。
満腹になるのに痩せられて一石二鳥!と思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、そこには意外な落とし穴が…あなたは大丈夫ですか?

【なぜ鍋で太るの?】
油を使わず、野菜の多い鍋料理は1人前200~300Kcalと低カロリーです。
しかし、食材や食べ方によってはかえってカロリー過多になってしまうことも…

①この食材に注意
●豚バラ肉…値ごろでコクの出るバラ肉を使いたいところですが、豚肉の中で一番高カロリーなのです。
nabe-diet-02
●鶏肉…皮の有無でカロリーに大きな差が。取り除いて使用することで、100gあたり約100kcalカットできます。
●肉団子…ひき肉の2割は脂身が占めることが多いので、バラ肉とほぼ同じカロリーになってしまいます。

②スープに注意
食材からおいしいダシが出てきますが、鍋のスープにはかなりの脂が浮いています。
うま味を堪能したいからといって飲み干してしまっては、ダイエットになりません。

③シメに注意
ご飯のカロリーは茶碗1杯で鍋料理のカロリーの半分以上になります。
さらにスープに染みだした脂をごはんが吸い込んで、高カロリーになるという結果に。
雑炊をつくるときは、カロリーの少ない食材を選んでおきましょう。

【このひと工夫で体に優しい鍋に】
①太りにくい食材
野菜は白菜、春菊、大根、きのこなどを基本にしましょう。
タンパク質はササミや白身魚、豆腐で摂りましょう。
春雨よりも糸こんにゃくでさらにヘルシーになります。
唐辛子の入ったムチ鍋は脂肪を燃やしてくれますが、食が進みやすいので要注意です。

nabe-diet-03
②シメをつくる前に
上澄みを食べない工夫として、一度スープを冷やすという方法があります。
油分が表面やふちに固まるので、それを取り除いてから調理すれば、余分な脂を摂らなくて済みます。

【まとめ】
人気の鍋ダイエットですが、高カロリーの具材に注意しましょう。
また、スープには脂もいっぱい。特に、シメで脂と炭水化物を摂りすぎないよう注意しましょう
nabe-diet-04

徹底比較 電気代が安い暖房器具はどれ?

denkidai-hikaku-01
北風の冷たさが感じられる季節になりました。
外出して我が家に戻れば、家族であったかく過ごしたいもの。
でも物価が上昇する中、気になるのは「電気代」です。
電気代が一番安い暖房器具は、ズバリどれなのでしょう。

【電気代を比較してみると】
電気代は、暖房器具が使用するワット数によって変わってきます。
8~12畳くらいの一般的な広さのリビングを暖房した場合、1ヶ月にかかる平均的な電気代をまとめました。
●オイルヒーター (強)約1万3000円 (弱)約6000円
●エアコン       約9800円
●ホットカーペット(強)約6500円 (弱)約2000円
●こたつ        約4300円
ホットカーペット(弱)やこたつがおトク!という結果になりました。
denkidai-hikaku-02
しかし、それぞれの暖房器具で温まり方に特徴があります。
例えば大勢がすぐに温まりたいときは、ホットカーペットは少し不便ですよね。
そう、暖房器具の特徴を知って、人数や温まる速度など状況によってアイテムを使い分けることが、電気代に差が付くポイントなのです。

●オイルヒーター
 ○長時間にわたり適温を保ち温めることができる・安全
 △温まるまで時間がかかる
●エアコン
 ○高断熱住宅で効果発揮・早く温まる・部屋全体が温まる
 △一般住宅は温まりにくい・空気が乾燥しやすい・足元が温まりにくい
●ホットカーペット
 ○直接体が触れるので体の芯から温まる
 △部分的な温かさ・範囲に限界がある
●こたつ
 ○足元から温まる
 △部屋の空気は冷たい

【オススメの節約方法】
オイルヒーターやホットカーペットで電気代に差が出ているように、同じ暖房器具でも「強」か「弱」かで、節約レベルは全く変わってきます。
エアコンの場合、例えば設定温度を21℃から1度下げるだけで、年間約1500円の節約になります。
こたつは「強」から「中」にすれば年間約1100円の節約になります(1日5時間使用)

また、必要な時だけ電源をONするという基本も、節約には大切なこと。
エアコン20度の設定で、使用時間を1日1時間短くすると年間1200円ほどの節約になります。(年間とは1年で秋季~春季の5か月半程度使うという想定です)

denkidai-hikaku-03
【まとめ】
電気代だけを比較するとこたつや弱めのホットカーペットがお得です。
その上で、節約のカギになるのは使い方です。
つけっぱなしにせず、必要な時だけ使うこと。
温度は高くし過ぎないこと。
暖房器具を上手に使って、暖かくそしておトクに冬を過ごしていきましょう。

denkidai-hikaku-04

ご存知でしたか?コレを食べると乾燥肌対策に

kansouhada-taisaku-01
冬になるとお肌がカサカサ、かゆみやひび割れも…
こんなトラブルに毎年悩まされている方も多いのではないでしょうか。
寒さや湿度の低下はもちろん、体のサイクルからみても冬はお肌に厳しい季節です。
こんな時こそ、体の中から美肌を目指しましょう!

【乾燥肌の原因は?】
冬場の肌の乾燥は、気温や湿度が下がるから仕方ない、とあきらめていませんか。
しかし、原因はそれだけではないんです。

【原因①】夏と冬では、体温調整のための体の働きが違う
夏場、私たちの体は全身に血流をめぐらせて汗をかくことで、体温を下げようとします。
一方、冬場は気温が下がると、血管を収縮させ、体温が奪われるのを防ごうとします。
その結果、肌の表面や指先などの末端に血液が行き渡らなくなります。
このため、体のすみずみに栄養が行き届かなくなり、肌の潤いがなくなってしまうのです。

kansouhada-taisaku-02
【原因②】冬は肌の水分量や皮脂の分泌量が低下する
11月~1月は、皮脂の分泌量が最低になり、水分の蒸散量は急速に増加します。
血流の低下に伴い肌の新陳代謝が低下することから、冬場はハリのない肌になってしまいます。

【食生活がすべてのカギ】
お肌が弱ってしまうこの時期だからこそ、体の中から栄養を肌に行き届かせましょう。
乾燥肌に効果的な栄養素は、ビタミン類(特にA、B2、E)それにベータカロチンです。
これらの栄養素を多く含む食材を積極的に取り入れたいですね。

【乾燥肌には○○を食べましょう】
●大豆製品(納豆)
ビタミンB2やビタミンEを含みます。
特に納豆は、ねばねば効果での肌の保湿効果が期待できます。

●ナッツ類
ビタミンEやビタミンB2などを多く含み、乾燥肌予防にはもってこいの食材です。

kansouhada-taisaku-03
●ブロッコリー
ベータカロチンや、ビタミンCなどが豊富です。

kansouhada-taisaku-04
●鶏レバー・うなぎ・にんじん
これらはビタミンAを多く含みます。
ビタミンAはお肌のターンオーバーを調整して新しい肌が生まれるのをサポートします。

●レバー・高野豆腐・ひじき
冬に起こりがちな血行不良対策には、血行を促す鉄分を含む食材が強い味方です。
レバーはビタミンAも鉄分も豊富です。

【まとめ】
寒さから体を守ろうと、冬は体が防御モードに。
このため肌の新陳代謝や血行が弱まってしまいます。
バランスの良い食事の中に、血行促進やお肌の味方のビタミンを取り入れて、乾燥肌対策をしましょう。

風邪に負けない!この3つの食材で免疫力アップ

menekiryoku-up-01
うがい、手洗い…冬場に流行する風邪にかからないよう、毎日の対策が必要ですよね。
しかしウイルスは体が弱った時に忍び寄ってきます。
免疫力を高める食べ物でパワーアップして、風邪に負けない体を作りましょう。

【免疫力を高める条件】
①腸を元気に
腸の善玉菌を増やすことが必要です。
食物繊維を積極的に取ることで便秘が解消され、免疫力が高まります。
menekiryoku-up-02
②体を冷やさない
体の冷えは自律神経を乱し、免疫力が低下します。

③ストレスを溜めない
ストレスを受けると交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、その結果免疫力が低下してしまいます。

【この食材でパワーアップ】
免疫力を高めるには、「抗酸化食品」を積極的にとりましょう。
「抗酸化食品」とは体がさびないよう助けてくれる食べ物。
全身の細胞から発生する活性酸素は、身体を酸化させてしまいます。
しかし、この抗酸化食品が活性酵素の発生を抑え、体が酸化するのを防いでくれます。
ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群、β-カロテン、ポリフェノールなどを含む野菜や果物などです。

①にんにく
抗酸化食品の王様といえばにんにく。
ニンニクのほかにも、ショウガ、ネギ、セロリなどのいわゆる香味野菜も、抗酸化作用が高いことで知られています。
独特の臭い成分であるアリシンが体内の活性酸素と強力に結びつき、身体の酸化を防いでくれます。
menekiryoku-up-03
②バナナ
甘くて優しい味のバナナですが、効果は強力。
白血球の働きを高めて免疫力を高めます。
アミノ酸やビタミン、食物繊維もたっぷりと含まれ、高い栄養価を誇ります。
消化吸収抜群で、便秘も防ぐので腸内環境が整います。
menekiryoku-up-04
③かぼちゃ
緑黄色野菜のはっきりとした色は、抗酸化作用が高いしるし。
豊富なβ-カロテンが、粘膜などの細胞を強化して免疫力を高めます。

【まとめ】
免疫力を高めるには、体のさびを防ぐ「抗酸化食品」が効果的です。
その代表は、にんにく。少しでよいので取り入れてみてはいかがでしょう。
食べ物の栄養分をしっかり体に吸収して、風邪に負けない元気な体を作りましょう。

家族がノロウイルスに…こんな時どうする?

Noro-virus-001

秋から冬にかけては空気が乾燥し、ウイルスにとって絶好の活動時期に。
特に注意したいのは、これから急増する「ノロウイルス」です。
気づかないうちに家族みんなが感染してしまうことも。
ご家庭での正しい対処法をチェックしておきましょう。

【ここが危ないノロウイルス】
特徴は、ヒトからヒトへの感染力が強いことです。
保育園や学校など施設内で拡がっていくこともよくあり、集団感染で爆発的に流行することがあります。
ご家庭でも誰かがかかってしまったら、うつさないことがポイントです。

Noro-virus-002

【ノロウイルスの症状】
主な症状としては、吐いたり下痢をしたりします。
おう吐・下痢はひどい時には1日に10回以上になることも。
ウイルスに感染してから症状が出るまでには平均1~2日です。
特効薬がなく、抗生物質もきかないので、体が脱水症状にならないよう水分を多くとることが大事です。

【こうやって感染を防ぎましょう】
Noro-virus-003

ポイントは口からウイルスが入るのを防ぐこと。
まずできることは、石けんをつかってよく手を洗うことです。
帰宅時だけでなく、食事を準備する前、食べる前にもしっかり洗いましょう。
貝類にもウイルスがある可能性があるので、しっかり加熱し、使用した調理器具は熱湯消毒しましょう。

【家族に症状が…100円でできる!感染予防】
ウイルスを多く含むのは感染者の便や嘔吐物です。
万が一家族が感染してしまったら、これらの扱いに気を付けることで、さらなる感染を防ぐことができます。

Noro-virus-004

便や嘔吐物の処理に使ったものは、消毒するか捨てなければいけません。
それならばお手軽に100円ショップで用意してしまいましょう。
~処理前にこれを装備~
・使い捨てマスク・使い捨てエプロン・使い捨て手袋
~これを使おう~
ビニール袋・バケツ・ちりとり・ガラスクリーナー・じょうろ・塩素系漂白剤・計量カップ
ガラスクリーナーやちりとりを使うと、嘔吐物を簡単にかき集めることができます。
なお、1メートルの高さから嘔吐した場合、嘔吐物は半径2メートル程度飛び散るといわれています。
じょうろや塩素系漂白剤、軽量カップは消毒に使います。
家庭用漂白剤を200倍程度に薄め、嘔吐物や便のあった場所を中心に広めに消毒してください。
乾燥すると、ウイルスが空中に飛びやすくなるので早く片付けることが大切です。

【まとめ】
ノロウイルスはヒトからヒトへの感染力が強く、感染者の嘔吐物や便に多くのウイルスが含まれます。
家庭内感染を防ぐために100均グッズなどもうまく活用して、ウイルスを広げないようにしましょう。

紫外線は夏だけじゃない!秋にも守りたい“目”

ultraviolet001
運動会や行楽など、外で過ごすことも多いこの時期。
今だからこそ気を付けたいのが紫外線です。
涼しくなったと油断していたら落とし穴が…特に守りたいのが、目です。

【秋の紫外線に注意】
秋の紫外線になぜ注意しなくてはいけないの?
それは、太陽の高さにポイントがあります。
太陽が一番高くなるのは夏で、約78度の高さ。
これは「体全体」が紫外線の影響を受けやすくなる高さです。
一方、秋は太陽の位置が傾いてきて、角度は約55度に。
これは紫外線の影響を「目」が受けやすい位置になるのです。
さらに目からの紫外線は、お肌にも悪影響です。
角膜に影響を受けてしまい、脳下垂体に情報が伝達されて、その防衛反応としてメラニン色素を生成してしまいます。つまり、肌老化が進んでしまうのです。
(詳しくは8月6日掲載の「意外に怖い目の日焼け 紫外線角膜炎とは」もご覧ください)

【最も危険なのは何時?】
一般的に、正午を中心に日が強くなると考えますよね。
しかし、目への紫外線の影響は少し違うようです。
大学などの研究で、強さがピークになるのは太陽の高さが「40度前後」であると報告されました。
つまり、日中よりも朝や夕方のほうが約2倍多くの紫外線をあびる危険性があるのです。
これは通勤、通学の時間帯や帰宅の時間帯に当たります。

ultraviolet002

【出かける時にはこれで対策】
やはり外に出るときは、サングラスや、つばの大きい帽子をかぶることが大切です。
サングラスを選ぶ際には、UV加工をしてあるかどうかしっかりチェックを。
また、紫外線から目の影響を守る食材も取り入れましょう。

ultraviolet001

緑黄色野菜、レモン、トマト、スイカ、鮭などには目を守る成分が沢山含まれています。
体内からも目を守りましょう。

【まとめ】
秋の太陽は、目が紫外線を受けやすくなる高さになってしまいます。
お出かけの際は、サングラスなどでしっかり紫外線対策しましょう。

食欲の秋!旬の味覚は体にいいんです

shokuyokunoaki001
やってきました食欲の秋。
スーパーや八百屋さんには色とりどりの旬の味覚が並んでいます。
旬の味覚は、安い、おいしい、そして季節を感じて思わず笑顔になります。
でも、それだけではありません。
食材は、旬を迎えている時期に1年で最も栄養価が上がるので、体にいいんです。

【サツマイモ】
食べやすさが魅力のサツマイモ。
焼いてよし、スイーツにしてよし。あま~い香りに誘われてついつい手が伸びますよね。
ビタミンCが豊富で、熱に強いので、じっくり焼いても栄養を摂ることができます。
また、ビタミンEや食物繊維もたっぷりです。
消化器系の働きを高めてくれるので、胃腸にもやさしい食べ物です。
ショウガやレモンと食べることで、さらに効果がアップします。

【栗】
こちらも女性が大好きな旬の味覚です。
デンプン、ビタミンB1、ビタミンCを多く含みます。
また渋皮にはタンニンが含まれるため、ガン予防になるとも言われ、渋皮煮で食べるのがオススメです。
食物繊維がサツマイモよりも豊富で、腸内環境を整えるのにも効果的です。

【柿】
ビタミンCが多く、大きめのモノを1個食べると1日に必要な量がとれます。
また、動脈硬化や高血圧の防止にも効く栄養が含まれています。
さらにお酒が好きな方には朗報。アルコールを摂る前に食べておくと酔い覚ましの効果があるということです。
一方で体を冷やす作用もあるので、食べ過ぎには注意です。

shokuyokunoaki002

【ギンナン】
コレステロールを減らしたり、血圧を調整したりする効果があります。
昔から滋養強壮の効果があると言われ、咳止めなどの漢方薬の原料にもなっています。
しかし、食べ過ぎは禁物。特に子どもは少量にしましょう。生でも食べられません。

【サンマ】
脂ののったサンマは、まさに秋の味覚。栄養もたっぷりです。
代表的な栄養素はDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)です。
これらは、魚の脂にしか含まれていない脂肪酸です。
血中コレステロール値を下げて、高脂血症や動脈硬化の予防に効果があります。
タンパク質も豊富で、牛肉やチーズより質が優れていると言われます。

shokuyokunoaki003

【まとめ】
旬というのは、年間で食べ物の栄養価が最も高い時期です。
秋だからこそいただける食材で、心も体も満たされましょう。

更年期障害で急増!ホットフラッシュって?

ホットフラッシュ001
室温が高くもないのに、自分だけ急に汗がにじみ出たり、ほてりがおさまらなかったり…
それは「ホットフラッシュ」かもしれません。
気になるけれど、どう治せばいいの?と悩める女性は、あなただけではありません。

更年期障害かも…気になる症状をチェック

「ホットフラッシュ」は更年期障害の1つです。
そもそも更年期は閉経の前後5年ほどの時期を呼び、早い女性の場合、40代前半から更年期障害を自覚する場合もあります。
個人差があり、症状を全く感じない人もいればつらい思いをする人も。
あなたは以下の項目に当てはまりませんか?
セルフチェックしてみましょう。

①イライラしやすい
②わけも無く不安な気持ちになる
③寝付きが悪い・すぐ目が覚める
④顔がほてる
⑤汗をかく
⑥動悸や息切れがある
⑦めまいや頭痛、吐き気がある
⑧疲れやすく、やる気が出ない
⑨肩こりや腰痛、手足の痛みがある

ホットフラッシュ002
思い当たるものが3つ以上あれば、更年期障害かもしれません。

みんな悩んでいる「ホットフラッシュ」って?

特に、上記のチェック項目で④⑤に当てはまる方が少なくありません。
更年期障害で特に多い「ホットフラッシュ」です。

ホットフラッシュでは「のぼせ」や「ほてり」それに「発汗」の症状がみられます。
顔から発汗し、徐々に体全体が汗をかいてきます。
原因は、血管系の自律神経の乱れ。
このため体が一気に熱くなり、体温調整が難しくなるのです。
やっかいなのは、周りの目を気にして抑えたいと焦れば焦るほど、症状がでてしまうこと。
自律神経がさらに乱れてしまうからです。
無理に汗を止めようとせず、まずは落ち着くことが大切です。
そして、薬局や婦人科などに相談するのも効果的です。

更年期障害に負けないで

更年期障害に負けない体づくり=自律神経のバランスを保つ
ことです。セルフケアのポイントをまとめました。

①体を温める

ホットフラッシュで汗をかきやすくても、体は冷やさないこと。
温めることで、血液の循環がよくなり、自律神経のバランスが整っていきます。
ウォーキングで血液のめぐりを良くしましょう。
また、眠る前にゆっくり入浴し、体を温かくして布団に入りましょう。

②大豆を取り入れる

更年期障害の原因は、エストロゲンの分泌が激減することでホルモンバランスが崩れてしまうことです。
この、エストロゲンに代わる効果があるといわれるのが「大豆イソフラボン」です。
ぜひ、食卓に豆腐や納豆、豆乳などを加えて補いましょう。

ホットフラッシュ003

まとめ

40代以降の女性なら誰でも起こりうる更年期障害。
とくに、急なほてりや発汗が起きる「ホットフラッシュ」が急増しています。
女性としてさらに輝く時期。更年期障害に負けない体づくりをしましょう。
ホットフラッシュ004