徹底比較 電気代が安い暖房器具はどれ?

denkidai-hikaku-01
北風の冷たさが感じられる季節になりました。
外出して我が家に戻れば、家族であったかく過ごしたいもの。
でも物価が上昇する中、気になるのは「電気代」です。
電気代が一番安い暖房器具は、ズバリどれなのでしょう。

【電気代を比較してみると】
電気代は、暖房器具が使用するワット数によって変わってきます。
8~12畳くらいの一般的な広さのリビングを暖房した場合、1ヶ月にかかる平均的な電気代をまとめました。
●オイルヒーター (強)約1万3000円 (弱)約6000円
●エアコン       約9800円
●ホットカーペット(強)約6500円 (弱)約2000円
●こたつ        約4300円
ホットカーペット(弱)やこたつがおトク!という結果になりました。
denkidai-hikaku-02
しかし、それぞれの暖房器具で温まり方に特徴があります。
例えば大勢がすぐに温まりたいときは、ホットカーペットは少し不便ですよね。
そう、暖房器具の特徴を知って、人数や温まる速度など状況によってアイテムを使い分けることが、電気代に差が付くポイントなのです。

●オイルヒーター
 ○長時間にわたり適温を保ち温めることができる・安全
 △温まるまで時間がかかる
●エアコン
 ○高断熱住宅で効果発揮・早く温まる・部屋全体が温まる
 △一般住宅は温まりにくい・空気が乾燥しやすい・足元が温まりにくい
●ホットカーペット
 ○直接体が触れるので体の芯から温まる
 △部分的な温かさ・範囲に限界がある
●こたつ
 ○足元から温まる
 △部屋の空気は冷たい

【オススメの節約方法】
オイルヒーターやホットカーペットで電気代に差が出ているように、同じ暖房器具でも「強」か「弱」かで、節約レベルは全く変わってきます。
エアコンの場合、例えば設定温度を21℃から1度下げるだけで、年間約1500円の節約になります。
こたつは「強」から「中」にすれば年間約1100円の節約になります(1日5時間使用)

また、必要な時だけ電源をONするという基本も、節約には大切なこと。
エアコン20度の設定で、使用時間を1日1時間短くすると年間1200円ほどの節約になります。(年間とは1年で秋季~春季の5か月半程度使うという想定です)

denkidai-hikaku-03
【まとめ】
電気代だけを比較するとこたつや弱めのホットカーペットがお得です。
その上で、節約のカギになるのは使い方です。
つけっぱなしにせず、必要な時だけ使うこと。
温度は高くし過ぎないこと。
暖房器具を上手に使って、暖かくそしておトクに冬を過ごしていきましょう。

denkidai-hikaku-04