意外に怖い目の日焼け 紫外線角膜炎とは

日焼け紫外線角膜炎イメージ1
ジリジリ照りつける太陽。
白い肌をキープするために、お肌に日焼け止めを塗ってケアをされているかたも多いと思います。
しかし、見落としがちなのが「目」を紫外線から守ること。実は、目も日焼けするんです。



目の日焼けって?
日焼け紫外線角膜炎イメージ2
紫外線は、目の角膜や網膜に影響を及ぼし、眼病や目の老化を早めてしまうことがあります。
特に強い紫外線を浴びると、角膜が傷ついてしまい、黒目の表面から炎症を起こします。
これが目の日焼け、紫外線角膜炎です。
紫外線が多い春や夏以外でも、冬のスキー場の雪からの反射でも起こることもあります。



目からの紫外線が及ぼす影響

紫外線角膜炎の症状としては充血や、涙、異物感、目の痛みなどがあります。
また眼の水晶体が炎症をおこし、白濁することがあります。これが長年影響し、白内障につながる恐れもあります。
さらに気をつけたいのは、目から受けた紫外線は、実は肌にも悪影響を及ぼすということ。
目からの紫外線が、肌の日焼けにつながってしまうのです。
紫外線を受けたという情報が目から脳下垂体に伝わり、体の防衛反応として紫外線を吸収しようとするメラノサイトがメラニン色素を生成してしまうからです。
メラニン色素はご存じのとおりシミの原因。これによって肌老化も進んでしまうのです。



紫外線角膜炎を予防しましょう

長時間日光を浴びる場合、目を守る必要があります。
UVカット機能がついたサングラスやメガネの着用がオススメです。
しかし、サングラスやメガネを選ぶ場合には形に注意が必要です。
顔の間に隙間が多いと紫外線が隙間から入り込んで、角膜周辺で屈折した後、目の鼻側に集中するという現象が起こってしまいます。
この結果、普段よりも強い紫外線ダメージを受けることになりかねません。
できるだけ顔との隙間がないものを選ぶようにしましょう。

また、最近ではUVカット加工されたコンタクトレンズも増えています。
コンタクトレンズであれば紫外線の屈折や集中という心配はありません。
メガネやコンタクトレンズ以外でも、つばの広い帽子やサンバイザーをかぶる事も効果的です。
日焼け紫外線角膜炎イメージ3
                           



まとめ

①目が強い紫外線を浴びると紫外線角膜炎になる恐れも
→UV効果のあるサングラスやメガネで目をいたわって。顔との隙間がないデザインが○
②目からの紫外線で肌のメラニンが増え、肌老化が進む恐れも

強い日差しの下、お肌だけでなく目もケアして、元気に美しく夏を乗り切りたいですね。