実は間違っている!?これが体を温める飲み物

hot-drinks-01

寒さが本格化し、温かい飲み物を口にすると、心も体もぽかぽかしますよね。
しかし、温かいものを飲む=体を温めるとは限らないのです。
身近な飲み物に、実はからだを冷やす成分が含まれていることも。
体質を改善し、冷え症も予防してくれる飲み物は、これだったんです。

【コーヒーは体が温まらない?】

hot-drinks-02

意外と知られていない体を冷やす飲み物、それはコーヒーや緑茶です。
毎日、飲まれている方も多いのではないでしょうか。
ホットだと一時的に体を温まりますが、体質は冷えやすくなるという結果に。
コーヒーや緑茶に含まれるカフェインには代謝をあげる作用もありますが、飲みすぎは厳禁です。
また、緑茶を飲むときには時間帯がポイントです。影響が少ないのは、体温が上がりやすい朝や活動量が多い昼です。
しかし、夜は体温が下がりやすく、避けたほうがいいと言われています。

【温める?冷やす?これで見分けましょう】
基本的に温かい季節・土地で育った食材には体を冷やす作用があると言われています。
反対に、寒い季節・土地で育った食材には体を温めてくれます。
例えばコーヒー豆は温かい国で育ちますよね。だから、体を冷やす作用が強いのです

【体を温める飲み物】
では、どのようなものを飲めば体質改善につながるのでしょう。

①紅茶・プーアール茶・ウーロン茶・ほうじ茶
これらのお茶に共通するのは、「茶色い」ということです。
茶色いお茶は発酵したお茶で、体を温めると言われています。

hot-drinks-03

②生姜紅茶
体を温めることで有名な生姜と、紅茶の組み合わせは効果抜群です。

hot-drinks-04

③タンポポコーヒー、タンポポ茶
タンポポの根は体を温めると言われています。

④生姜湯や生姜入りのホットはちみつレモン
寒いときは甘い飲み物が体が温めてくれますよね。

⑤ホットココア
ココアにはショウガ以上にに体を温める作用があるという研究結果もあります。

【まとめ】
あったまろう、と思って飲んでいたものに実は体を冷やす作用があることも。
特に気をつけたいのが、暖かい地域で育った原材料を使うもの。
コーヒーや緑茶は、飲みすぎや時間帯に注意しましょう。
心も体も温かくして、寒い冬を乗り切りましょう。