納得!だから七草粥は体にやさしい

nanakusagayu-01
新年を新たな気持ちでお迎えのことと思います。
晴れやかなお正月、気づけばついつい食べ過ぎて過ごしていませんか。
1月7日は平安時代からつたわる「七草粥」です。
永く続く風習にはお正月を過ごした体にやさしい、納得の理由があります。

【なぜ七草粥を食べるの?】
七草は、早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うといわれました。
今年1年の無病息災を願う食事なんですね。
また、お正月に食べ過ぎで疲れた胃を休めてくれます。
さらに、冬場に不足しがちな野菜からの栄養を補うという効能もあります。

【1月7日のいわれ】
1月7日の「人日(じんじつ)」の日といわれ、中国の唐の時代には「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という7種類の若菜を入れた汁物を食べて、無病息災を願っていました。
また、官吏昇進を1月7日に決めたことから、その日の朝に七種菜羹を食べ、立身出世を願ったといいます。

【体にやさしい七草粥】
春の七草は「せり ・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな(カブ)・すずしろ(ダイコン)」です。

nanakusagayu-03

それぞれ、食欲を増進したり、風邪を予防したり、消化を助けたりと体に良い栄養素を備えています。

【おかゆでいただく理由】
仏教では、おかゆに「十徳」があるといわれています。
①顔色・肌つやをよくする ② 体力をつける ③寿命を延ばす ④胃にやさしく体が楽になる ⑤頭の働きが良くなる ⑥胸につかえない ⑦風邪をひかない ⑧空腹を癒す ⑨のどの渇きを癒す ⑩大小便の通じが良くなる
さらに、肌荒れが気になる方、おかゆが改善してくれるかもしれません。
肌荒れの原因のひとつは内臓の疲れ。
おかゆで内臓負担が少なく栄養を取り込めれば、お肌へのストレス軽減にも繋がるんです。

【ぜひ朝に】
おかゆのデンプンには糖質が含まれています。
消化の早いおかゆで朝に糖分を摂ることで、すぐに1日の頭と身体のパワー源になってくれます。

nanakusagayu-02

【まとめ】
平安時代から続く七草粥。
1年の無病息災を願うだけでなく、正月に疲れた胃をいたわったり、冬場に不足しがちな栄養を補ったりと効果も抜群です。
新年のすがすがしい朝、ぜひ家族であったかい七草粥をいただきましょう。