死者1万人!?冬のヒートショックにご注意

heat-shock3
冬の家の中に潜む危険「ヒートショック」をご存知ですか?
あまり知られていない現象ですが、年間1万人もの方が死亡しているといわれています。
特に、お年寄りは要注意です。

【ヒートショックとは?】
冬のお風呂は、指先から体の芯まで温まって気持ちがいいものですよね。
しかし、脱衣所で寒い寒いと凍えながら服を脱ぎ、急いでお風呂に入っていませんか。
そんな毎日の行動の中に、危険が潜んでいます。
激しい温度差で血圧が急激に変化し、心筋梗塞や脳出血、脳梗塞などを起こしてしまうのがヒートショックです。
heat-shock1
突然死を引き起こす原因ともなるので注意が必要です。
特に12月や1月は死者数も急増しています。
ヒートショックを起こしやすいのは浴室ですが、居間に比べて寒くなりやすいトイレや洗面所にも気を付けましょう。

【こんな方は要注意】
一番注意が必要なのは65歳以上のお年寄りです。
血管が弱っているからです。
家で亡くなるお年寄りの4人に1人は「ヒートショック」が原因と言われています。
また、高血圧や糖尿病、動脈硬化の方も気を付けましょう。
肥満気味の方も要注意です。皮下脂肪が多いと体温調節が苦手なためです。
熱いお風呂が好きだったり、湯船にお湯をたっぷり張って首までつかったりという入浴も危険性を高めます。
自宅が古い木造建ての場合も、断熱性が弱く、場所ごとの温度差が生じやすくなります。

heat-shock2
【ヒートショックを防ぐには】
<お風呂編>
①脱衣所に暖房器具を置く
②食後1時間以内に入浴しない
③入浴前の飲酒はしない
④入浴前後に十分な水分を飲みましょう
⑤浴室も事前に温かく。湯船の蓋を開けておいたり高い場所からシャワーを流したりして、蒸気で温めます
⑥すぐにつからず、まずかけ湯
⑦全身浴よりも半身浴を。できれば熱いお湯よりぬるめのお湯にしましょう

heat-shock4
<トイレ編>
トイレでいきんだ時や立ち上がった時に、血圧や心拍の急激に変化し、脳卒中や心筋梗塞を引き起こしてしまうこともあります。
①便座を温かくする(カバーなどでも)
②便秘にならないよう体調を整える
③トイレに暖房器具を置く

【まとめ】
急激な温度差で心筋梗塞や脳出血を起こしてしまう「ヒートショック」
特にお年寄りが入浴するときは、入る前に脱衣所を温かくしましょう。
入浴中も声をかけコミュニケーションをとると、安心ですし、心も体も温まりますね。