梅雨のジメジメ対策。洗濯物のいや~な生乾きの臭いはコレで退治!

梅雨 洗濯
空にはどんよりした雲。そしてジメジメと続く雨。梅雨シーズン真っ盛りですね。
この季節、気分もどんよりさせてしまう悩みの種の1つが「洗濯物が乾かない!」ということです。
そこで、少しでも快適に部屋干しをする方法をチェックしましょう。



 
【なぜ部屋干しは臭うの?】
 臭いの原因は、ずばり雑菌。
どんなに丁寧に洗っても、繊維の中に残った雑菌が、梅雨で高温多湿になった部屋の中で繁殖してしまうのです。
反対に、お日さまの下で干すと臭わないのは、雑菌が少ないから。
青空の下は湿気が少ないことと、日光の60度以上の温度で雑菌が死滅するんです。だから気持ちがいいんですね。



【これで解決!洗濯のコツ】
つまり、臭いの原因となる雑菌を洗濯物から少しでも減らせば、洗濯物は臭わないということなんです。
そのために大切なのはこの3ステップです。さっそくきょうから実践しちゃいましょう。

その①こまめに洗濯すること。汚れが落ちやすいうちに!
その②洗濯槽に入れる前に、汚れをよく落とすこと。ひと手間が大事!
その③早く乾かすこと。脱水時間をいつもより30秒~1分程度長めにセット!



【お部屋ですぐできるひと工夫】
洗濯物が臭わない方法
(日本経済新聞より引用)

さらにお部屋の環境を工夫して少しでも気持ちよく乾かしましょう。
少しでも早く乾かす場合は、エアコンの除湿+扇風機という合わせ技が有効です。
また、部屋に丸めた新聞紙を置くのも湿気を吸うので効果があるといわれています。これだと、電気代もかかりませんよね。



【梅雨時は特にご注意!】
注意①一度に洗濯物を入れ過ぎない→せっかく洗っても汚れが残りがちです
注意②風呂の残り湯は使わない→節水には効果的ですが、雑菌が移りやすくなってしまいます
注意③洗濯層の汚れも取りましょう→なかなか掃除する機会がありませんよね…こんな季節だからこそ、ピカピカ・清潔に!
  



【まとめ】
①洗濯物のいや~な臭いの原因は雑菌。生乾き=高温多湿による雑菌の繁殖だったんです。
②洗濯物の汚れをよく落とし、すぐに乾かすことで雑菌を増やさない。

袖を通した時に気持ちが晴れるような、さわやかな衣類で元気に梅雨を乗り越えたいですね。

部屋干しには欠かせない、除湿対策はこちら!↓
梅雨ジメジメ対策の除湿。あれ?エアコンの冷房と除湿、どちらが電気代安い!?