思わず話したくなる!節分のアレコレ

setsubun-01
「鬼は~外!福は~内!」
2月3日は節分です。
豆まきや恵方巻きなど節分ならではの風習には、意外な「いわれ」があります。
今回はそんな節分トリビアをご紹介します。

【節分は2月3日ではなくなる!?】
節分とは季節の分かれ目の事で、年に4回あります。
このうち特に、新年を祝ったり厄を払ったりという意味合いが強い立春の前日を指すようになりました。
暦が中心ですので、必ず2月3日が節分というわけではありません。
2022年から2100年までは2月2日のほうが多くなると言われています。
setsubun-02
【鬼にまくのはなぜ“豆”なの?】
大豆は五穀のひとつで穀霊が宿るとされており、米に次いで神事に用いられてきました。諸説ありますが、“豆”を鬼の目である「魔目(まめ)」をめがけて投げれば、魔が滅する=つまり魔滅(まめ)という意味から来ているという説が一般的です。
大豆は炒ったものをまきましょう。

【落花生をまく地域も】
北海道や東北、信越地方などの雪深い地域では殻付きを、また、落花生の名産地でも落花生をまくそうです。
setsubun-03
【体にいい“大豆”】
「畑の肉」とも呼ばれる大豆。
タンパク質の量が豆類の中で一番多いだけでなく、必須アミノ酸もバランスよく含まれています。
さらに、女性にはうれしい大豆イソフラボンも豊富。
動脈硬化や高血圧、骨粗しょう症を予防するほか、女性の月経不順や更年期の体調不良にも良い作用をもたらします。
さらにアンチエイチングにも効果があります。
強い抗酸化作用で老化を防ぐため、若々しい肌と髪を保ってくれます。
歳の数だけ、といわずに積極的に摂取しましょう。

【なぜ恵方巻きを食べるの?】
恵方を向き、願い事をしながら巻きずしを静かに1本食べきる「恵方巻き」
今年の恵方は南南東です。

setsubun-04

この風習は大正初期から始まったと言われています。
大阪の花街で、節分の時期にお新香を巻いた海苔巻きを恵方に向かって食べ、縁起を担いだともされています。
その後、大阪では宣伝の効果で節分の丸かぶりが広がり、全国に知れ渡るようになりました。全国販売を始めたのは大手コンビニエンスストアとも言われています。

節分には、豆まき後をして、体にいい大豆を家族みんなで食べて、1年の健康を祈りましょう。