食欲の秋!旬の味覚は体にいいんです

shokuyokunoaki001
やってきました食欲の秋。
スーパーや八百屋さんには色とりどりの旬の味覚が並んでいます。
旬の味覚は、安い、おいしい、そして季節を感じて思わず笑顔になります。
でも、それだけではありません。
食材は、旬を迎えている時期に1年で最も栄養価が上がるので、体にいいんです。

【サツマイモ】
食べやすさが魅力のサツマイモ。
焼いてよし、スイーツにしてよし。あま~い香りに誘われてついつい手が伸びますよね。
ビタミンCが豊富で、熱に強いので、じっくり焼いても栄養を摂ることができます。
また、ビタミンEや食物繊維もたっぷりです。
消化器系の働きを高めてくれるので、胃腸にもやさしい食べ物です。
ショウガやレモンと食べることで、さらに効果がアップします。

【栗】
こちらも女性が大好きな旬の味覚です。
デンプン、ビタミンB1、ビタミンCを多く含みます。
また渋皮にはタンニンが含まれるため、ガン予防になるとも言われ、渋皮煮で食べるのがオススメです。
食物繊維がサツマイモよりも豊富で、腸内環境を整えるのにも効果的です。

【柿】
ビタミンCが多く、大きめのモノを1個食べると1日に必要な量がとれます。
また、動脈硬化や高血圧の防止にも効く栄養が含まれています。
さらにお酒が好きな方には朗報。アルコールを摂る前に食べておくと酔い覚ましの効果があるということです。
一方で体を冷やす作用もあるので、食べ過ぎには注意です。

shokuyokunoaki002

【ギンナン】
コレステロールを減らしたり、血圧を調整したりする効果があります。
昔から滋養強壮の効果があると言われ、咳止めなどの漢方薬の原料にもなっています。
しかし、食べ過ぎは禁物。特に子どもは少量にしましょう。生でも食べられません。

【サンマ】
脂ののったサンマは、まさに秋の味覚。栄養もたっぷりです。
代表的な栄養素はDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)です。
これらは、魚の脂にしか含まれていない脂肪酸です。
血中コレステロール値を下げて、高脂血症や動脈硬化の予防に効果があります。
タンパク質も豊富で、牛肉やチーズより質が優れていると言われます。

shokuyokunoaki003

【まとめ】
旬というのは、年間で食べ物の栄養価が最も高い時期です。
秋だからこそいただける食材で、心も体も満たされましょう。