作り置き食材に注意!これから多くなる“食中毒”の対処法

食中毒03
夏休みに入って、子どもたちの元気な声が響く時節となりました。
しかし、気温や湿度が高いこの時期は、食中毒の原因となる細菌も活発になってしまう季節でもあります。
特に、時短や節約で忙しいママの味方となる「作り置き」が、細菌の繁殖を促してしまう可能性もあります。
夏に食品を扱う時の注意点をおさえておきましょう。



【なぜ食中毒は発生するの?】
食中毒01
食中毒の原因はさまざまですが、大きく分けて「細菌」「ウイルス」「自然毒」などがあります。
高温多湿のこの時期に多いのは細菌性食中毒です。年間を通じても最も多いのがこのケースです。
細菌性が原因の場合は、増殖しても食品のにおいや見た目が変わらないので、
気づかずに食べてしまい、しばらくしてから症状が出ます。
このためキケン度が高く、特に注意が必要です。
このほか「ウイルス」は冬に活発になるノロウイルスなどが代表的です。
「自然毒」はフグやキノコなどによるもので、発生件数は多くありません。



【食中毒になってしまったら】

焼肉屋さんなどでユッケや生レバーが規制されたのは、記憶に新しいところですよね。
これは鶏や牛などの腸にいる細菌、カンピロバクターへの対策によるものです。
カンピロバクターは少量でも感染し、体内に入ると2日から7日くらいで、
発熱や腹痛、下痢、吐き気などの症状が現れます。
また、O157も少量で感染し、同じく2日から7日くらいで同じような症状が現れます。
特に子どもや妊婦、高齢者に重い症状になりやすく、注意が必要です。
万一、下痢や嘔吐をしたら、水分をしっかりとって早めに受診しましょう。
食べたものや食品の包装、レシートなどを残しておくと、原因究明の手がかりになります。



【気をつけたい「作り置き」】

高温多湿のこの時期、細菌を繁殖させない工夫が必要です。
原則は、温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに食べること。
しかし、多めに作ってしまった場合や時間の都合で「作り置き」することもありますよね。
そんな作り置きをする時のポイントは
①清潔な容器に保存
②時間が経ち過ぎたものは食べない
③温めなおす時は十分加熱
です。



【これで食中毒は防げる!】
食中毒02
食中毒予防の3原則「つけない」「増やさない」「やっつける」といわれます。
特に作り置きでのポイントは「増やさない」こと。
細菌は20度から50度で活発になりますから、保存するときはすぐ、よく冷やすこと。
食べる時は十分に温めることが大事になってきます。



【まとめ】

①夏は細菌性食中毒に要注意!高温多湿が好条件に
②作り置きするときには特に注意を
③食中毒予防の3原則は「つけない」「増やさない」「やっつける」

衛生的においしい食材をしっかり食べて夏を乗り切りましょう!