食欲の秋でも太らない!基礎代謝をあげるカンタンな3つの方法

食欲の秋対策01
秋といえば、皆さんは何を浮かべますか?
スポーツの秋、芸術の秋、そして何より…食欲の秋!ですよね。
旬の味覚に舌鼓を打ち、気づけばついついおなかいっぱいに。
脂肪を溜め込まないよう、エネルギーを燃やす基礎代謝UPの方法を覚えておきましょう。

なぜ秋は食欲が増すの?

なぜ、秋は食欲旺盛になるのでしょう。
暑さが和らぎ、暑さによる不快がなく食事ができること。
そして、栗やイモ、サンマなど秋に旬を迎える食品が多いことなどは思い浮かぶところですが、体のメカニズムからも、食欲の増す理由が考えられています。

まずは、日照時間の減少。秋は、夏ほど太陽の光を受けなくなります。
脳内にある神経物質「セロトニン」は、日光が少ないと減少することが分かっています。
セロトニンを増やすのに必要なのは糖質や乳製品、肉類の摂取や睡眠です。
このため体がセロトニンを増やそうとたくさん食べたり眠ったり作用すると考えられています。
もう1つは、気温の低下による基礎代謝の変化です。
気温が下がると基礎代謝が上がるため、それを補おうと食欲が増すとも言われています。

基礎代謝を上げるカンタンな方法

こんな季節だからこそ、食べた分のエネルギーを燃やしていきましょう!
基礎代謝を上げると脂肪がつきにくくなります。

【其の一】背筋を伸ばしましょう
食欲の秋対策02
運動を継続するのは、なかなか続かないもの。
でも、姿勢に気を付けることなら家事の途中でも、電車でも、オフィスでも可能です。
気づけば猫背や、おなかを出すような姿勢になっている人はいませんか。
頭の上からひもで引っ張られているような意識で、下腹部とお尻をしめて立ちましょう。
小さな積み重ねが、普段使っていなかった筋肉の活用で基礎代謝UPにつながっていきます。

【其の二】朝ごはんを食べましょう
食欲の秋対策03
ダイエットしたいのに、食べていいの?
朝ごはんは体温を上げてくれるので、基礎代謝が上がると言われています。
カボチャやニンジン、ショウガなど体を温める食材を取り入れてみてください。

【其の三】半身浴をしましょう
体温を上げるもう一つの方法はお風呂。37℃~40℃までのぬるめのお湯に20分以上、ゆっくりつかりましょう。
湯量は心臓の下あたりまでで、腕は出しておきましょう。
入浴中も水分補給は忘れずに。入浴前にコーヒーを飲むとよいという人もいるようです。

食欲の秋。健康にも気を配りながら、海の幸や山の恵みをおいしくいただきましょう!