そうだったのか!冬至にアレを食べる理由

winter-solstice1
二十四節気のひとつ、冬至。
ことしは12月22日が冬至にあたります。
冬至は一年の中で昼が一番短くなります。
日の出から日の入りまでの時間は東京の場合、夏至より約4時間40分も短いそうです。
これは太陽の昇る高さが一年で最も低くなるためです。
古来から冬至に伝わる食事、そしてゆず湯につかる風習には、こんな理由があります。

【冬至に食べるもの】
①かぼちゃ
winter-solstice2.
かぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富で、風邪や脳卒中の予防に効果的です。
かぼちゃの収穫は夏からはじまりますが、冬に栄養をとるための賢人の知恵でもあります。ところで、冬至には最後に「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといういわれがあります。
ではなぜ、かぼちゃなのでしょう?
…そう、なんき「ん」です。
他にも、にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかんがあります。
これらの「ん」のつくものを「運盛り」と言って縁起をかついできました。
また、これらの食材を寒い冬に積極的に摂ることで、栄養をつけるという知恵でもあります。

②小豆
昔から小豆の赤は邪気を祓うと言われています。
冬至に、小豆をお粥する「冬至粥」を食べて運気を呼び込もうという風習があります。

かぼちゃ+小豆=いとこ煮
邪気を祓う小豆と、運を呼ぶかぼちゃを煮た「いとこ煮」を食べる地方もあります。

【なぜゆず湯に入るの?】

winter-solstice3
いい香りで気持ちもほぐれ、ゆずの油分でお肌の保湿にも効果的。
いつもと違うお風呂に心の体もあったかくなりますよね。
そんなゆず湯にはこんな思いも込められています。
①無病息災
枯れにくく病気にも強い柚子の木にならって、無病息災を祈る風習になったと言われます。
また、柚子の強いで邪気が近づかないという考えから、運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)でもあったそうです。
②風邪予防
柚子湯で血行がよくなり、冷え性が改善します。
また、体を温めて風邪を予防する効果があります。
さらに果皮に含まれるクエン酸やビタミンCには美肌効果があるとされています。

【まとめ】
冬至にかぼちゃや小豆を食べ、ゆず湯に入るという昔から伝わる風習には、寒い冬を元気に越すための先人の知恵があったのですね。
また、冬至を過ぎれば日は長くなっていきます。
新たな気持ちで年末年始を迎えたいですね。

winter-solstice4