新着情報

2017年3月6日
毎日新聞(朝刊/全国版)にて、当社の働き方を取り上げて頂きました。
・毎日新聞_女性の再挑戦を後押し_20170306

私たちの働き方

とても重視しているのは2点で
「①働く目的が明確であること」「②自然体で働くこと」です。

「①働く目的の明確化(なぜ働くのか)=仕事より家族・プライベート優先」

私たちは、仕事よりも家族やプライベート優先。あくまでも、そのために仕事をしています。

当社では、仕事よりも家族を優先する必要があるのです。男性はそのことに割り切るのが苦手で仕事を優先しがち。仕事のための仕事になっていたりします。

逆に、育児中の女性はその目的が明確であることが多く、結果として当社は育児中の女性が多い職場となっていますが、男性でも共感頂ける仲間が増えることを願っています。

価値観を押しつけるつもりはなく、同じ考えの人どうしが集まり、一緒に軸をぶらすことなく高めていきたいです。

「②自然体で働く=全社員テレワーク」

体力をすり減らすラッシュ時間の通勤、周囲に気を遣っての残業、子供が体調を崩しても休みにくい・帰りにくいなどなど・・・、自然体とは言えません。

勤勉な日本人は、それを疑問に思うことすら封印し、仕事を優先しがちです。私たちの目的は家族やプライベートを優先しつつ、良い仕事をすること。そのために不自然な働き方をするのはナンセンスです。

無理せず自然体で働くために、無駄なことを止めていった結果、「好きな場所で働く。好きな時間に働く」ということに至り、原則として全社員テレワーク(在宅勤務・遠隔勤務/出社勤務も可能)スタイルが基本となっています。

また、各々自分の仕事に責任をもって取り組むため、時短勤務や急な休みに対しても自己責任の範囲で調整すればよいだけのこと。無理する勤務は不要なのです。
自然体で働く方が良い仕事ができるため、成果も上がりやすく、プラスのスパイラルが生まれます。

ただ、自分に弱い人は不向き。誰も監視しないし束縛しないが故に、自分自身でコントロールする力が必要なのです。

待遇・条件・勤務形態=本人意向ありきの雇用形態と給与条件

会社からの条件提示は一方的な展開になりがちで、フェアではありません。

まず第一に働く本人が希望する条件と形態ありき。
給与額はもちろん、俗にいう正社員かパートタイムか出来高か、在宅か出社か組み合わせかということも全て。

プレゼン形式に近く、入社後も同様。その内容に対して、会社として納得できればよいわけで、互いに腑に落ちる答えを見つけやすいのです。

採用面接時に重視していること

募集ポディションにもよりますが、全体的に「担当頂く実務への経験」や「性別・年齢・ブランク・居住地域」は選考要素として大きくありません。

実務経験は入社後にじっくりと実践で積めばいいですし、年齢やブランクも逆にその人の魅力を増す期間になっていることも多く、むしろプラス材料と考えています。
また居住地域も私たちの働き方であればいかようにでも対応することが可能です。

それよりも本質的な考え方や人間性、フィーリングといった「変えにくいこと」を優先しています。
私たちは互いに大人です。会社からの一方的な精神教育は互いに負荷がかかるだけで望ましくありません。

価値観は押しつけるものではなく、共有するもの。
そのため、最初の時点でその価値観への考え方・感じ方を互いにしっかりと確認するようにしています。
ビジョンとテンションの共有ができていれば、互いに尊重しあいながら高めていけるものと信じています。

求人概要

現在、求人募集はいたしておりませんが、以下のポディションは随時拡充しているため、今後、募集枠が出ることがあります。

TELカウンセラー

サプリメントご購入者へのTEL対応全般。
特にモニターリサーチが多く、服用前後の体質改善状況をヒアリングするお仕事です。
「聞く力」が重要で、年齢・性別・経験は一切問いません。在宅勤務可能。

ダイレクトマーケティング・ディレクター

医師・薬剤師など専門家と協力し、次々とメディカル・サプリメント・ブランドをリリースしていきます。
そこでの販売促進に関するディレクション全般を行って頂くお仕事です。
サプリやコスメの通販ディレクション経験者は優遇しますが、必ずしも必須経験ではありません。在宅勤務可能。

サプリメント開発

新しいサプリメントの企画・開発を担当頂くお仕事です。
医師、薬剤師、栄養士、漢方修得者など専門資格が必要。さらに該当分野への豊富な経験と深い知識が必須となります。